ブログ構築

サブドメインって何?私が使う理由と、そのメリット、デメリット

投稿日:2019年6月23日 更新日:

このブログは、姉妹サイト「ジャーニーエム」のサブドメインで運営しています。

サブドメイン?

はい。ドメインをよーく見てみて下さいね。

  • 本体サイト、ジャーニーエムのドメインは・・・https://journey-masae.com/
  • この旅ブログのアフィリ運営術は・・・https://affi.journey-masae.com/

 

affiが入っている

 

そうです。こんな風に”httsp://(またはhttp://)と本体ドメイン(ルートドメイン)の間に、別の文字が挟んである”のが、サブドメインというものです。

今日はこのサブドメインについて説明します。

 

サブドメインは構造上はサブディレクトリ

このブログのファイル構造

これはWeb上にある、このブログのファイル構造です。

ご覧のように、「https://affi.journey-masae.com/」として独立して存在するのではなく、本体ドメインのhttps://journey-masae.com/の下にあるファイル・・・サブディレクトリというものになっています。

なので、何もしなければホントは「https://journey-masae.com/affi/」というURLになるんですが、私が使っているのはエックスサーバーなので、エックスサーバーの管理画面で設定することで、「https://affi.journey-masae.com/」とうサブドメインの形に変わります。

 

どうしてそんなことするの?
ちょっとカッコイイから

 

・・・いえ、ホントに。どっちでもSEO上は変わらないんですよ。

 

どうせ変わらないならカッコイイ方がいいし、本体ブログのテーマ「旅とカメラ」に対して、この「旅ブログのアフィリ運営術」は「アフィリエイトとブログ構築」がテーマになり、関わりがあるとは言えきっぱりの別テーマになるため、サブディレクトリではなく、サブドメインにしました。

一般的にサブドメイが使われるのはこのような、「親サイトと子サイトに関わりはあるけど、別テーマ」という場合です。

 



まったく別のURLにしなかった訳・サブドメインのメリット

と、言うのが世間一般のサブドメインの使われ方だとしても。

私はそんなの無視して、まったくの別ドメインを取得して「姉妹サイトだけどURLは別」にしても良かったんです。それをわざわざサブドメインにしたのは、それなりのメリットがあったから。

 

グーグルアドセンスの登録が容易

2019年6月現在

グーグルアドセンスでは、本体ドメインで使用許可が降りていれば、サブドメインは審査なしで登録できて、すぐに広告が使えます。

↑もうこれが最大の理由です。なんと、関連コンテンツまでルートドメインで使える状態なら使えてしまいます。

 

サブドメインって、サブディレクトリですからね。普通、ルートドメインで許可が出ていれば、サブディレクトリで使えるのは当たり前なんですよね。

・・・が。この「ルートがOKなら、サブがOKなのは当たり前」って、私がHTML時代からWebに関わっているからこその発想で、今ドキのワードプレス時代からWeb構築を始めた方だと、これ、ピンと来ないかもですね?

 

と、いう事は、グーグルさんの方も時代の変化に合わせて、「サブドメイン、サブディレクトリでも、別サイトになるなら審査が必要」と、規定を変えてくる可能性はあるんじゃないかと、私は思っています。

サブドメインを登録してしまいたい方は、今のうちです・・・

メモ

ルートドメイインのドメインパワーは、サブドメインに反映されるのか?

本体ドメインが長く運営していて、SEO上、強いドメインである場合、そのパワーがサブドメインにも反映されるのか、と言うと・・・

これは経験上、「絶対ではないけど、関係ある」と、私は思っています。ただし、サブドメインの中のコンテンツも充実している場合に限ります。

 

コストカット

別個にドメインを取得すると、当然、別個に費用がかかります。

サブドメインはどこのレンタルサーバーを使っていようと無料で設定できるので、コストカットになります。

 

 

では、デメリットは?

ルートドメインとサブドメインでブロックする広告を分けられない

グーグルアドセンス上で、ルートドメインでブロックしている広告はそのまま、サブドメインでもブロックされます。私はむしろ便利でいいんですが、細かく分けたい方だと困りますよね。

 

ただし、収益の集計は、ルートドメインとサブドメインと分かれた形で表示されるので、どっちがどのくらい稼いでいるのかは、ちゃんと分ります。

※でもなぜか「関連コンテンツ」にはルートドメインのコンテンツが混じってしまうので、今のところ、サブドメインのこちらでは利用していません。このサブドメイン自体のパワーがもっと強くなれば別かも?ですが。

 

リスク分散にならない

これは「サブドメインだと、ルートドメインがOKならそのままアドセンス使用がOK」の逆になりますが・・・もし、ルートドメインが何らかの事情でペナルティを受けることがあったら、おそらくサブドメインは巻き込まれるはずです。

このデメリットはグーグルアドセンスに限らず全ての面で発生し、ルートドメインの評価が下がれば、サブドメインが巻き添えになる可能性はあるんです。

 

つまり、リスク分散にはならない、というのが、デメリットです。

 

 

結論。小さな子サイトの運営には、サブドメインは都合がいい

そんな訳で、リスク分散にはならないものの・・・

コストもかからず、アドセンスの登録が容易なサブドメインでの運営は、こういう「小さな子サイト的ブログ」ではとても都合がよかったので、そうしました。

 

アドセンスの審査は今は厳しいので、「先行者がいそうなジャンルで、しかも小規模」ブログだと受かる自信がイマイチ持てず、だからって合格するために大規模サイトにするのも、ものすごくしんどかったので・・・(そのくらいなら、親ブログの運営に力を注ぎたい)

 

じゃぁ、親ブログの中の、1カテゴリーじゃ、ダメなの?

 

・・・それやると、逆に訪問者に不親切じゃないですか(笑)。だって、アフィリやブログ構築のための記事を読みにきて、旅記事やカメラの記事なんか読まないですよね?それよりブログ全体が、同一テーマでまとまっていた方が、見て回るのに便利じゃないです?

 

 

-ブログ構築
-

Copyright© 旅ブログのアフィリ運営術 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.